底砂について

底砂とは、熱帯魚を飼育する際に水槽の底に入れる砂のことを言います。
水草を植える土台なったり、底砂の種類や色によって変化を楽しんだり魚の見栄えを良くしたりします。
また、微生物を繁殖させ、餌の残りや枯しした水草、魚などの排泄物を分解する役目があります。

 

一般的に使われる底砂をいくつか紹介します。

 

大磯砂

良く知られているポピュラーな水槽用の砂利です。
灰色から黒っぽい色をしていて、水通しが良く底砂全体のバクテリアに酸素を送ることが出来ます。
また洗浄することで、何度も繰り返し使用することが可能です。
大磯砂は海砂である為、使用する際には、水のPH(水素イオン指数)をあげてしまったり、
硬度をあげてしまうので酸によって溶かす「酸処理」を行いましょう。

 

田砂

色は明るい茶色で、粒の大きさは砂サイズです。
とても細かく綺麗に見えます。
ゴミなどが砂内部に入りにくい為、表面清掃が簡単です。
バクテリアの付着面積が大きく、水草の低床として粒が細かいので保肥力があります。
砂地に住む魚にとっては住みかの場所と似せることが出来るので、本来の習性も見ることができます。

 

ソイル

ソイルは、土を加工して出来たものです。
肥料分が始めから含まれており、水草を植えるには最適です。
粒そのものに多くの隙間があり、多孔質です。
多孔質だとそれだけで微生物やバクテリアが大量に定着することが出来るため、
良好な底床環境を作り上げることが可能になります。

 

更に、ソイルは「土」そのものの効果である硬度を下げる役割と陽イオン交換で、
カルシウム、マグネシウムなどの水草の養分となる元素を保持する機能も持っています。
粒一つで様々な効用がある優れものです。

 

 

 

これらの他にもたくさんの種類の底砂がありますが、色合いを見て楽しめる「インテリアサイド」といって、
ガラス製の砂に赤、青、黄、緑、ピンクなどのように色が付いているものもあります。
水槽を見て楽しむ時に演出として使用されています。

 

 

底砂は魚や水草にとって重要な働きがあり、とても大切なものです。
また目的によって選び方を変えると、様々な組み合わせが見つかり楽しみ方を見つける事ができます。

 

 

 


このページの先頭へ戻る