サンゴ(ハードコーラル)について

ハードコーラルはソフトコーラルとは異なり、石灰質の硬い骨格をもったサンゴのことを指します。
一般の方がサンゴと聞いて連想するのはこちらのサンゴでしょう。

 

 

おもな種類

代表的なハードコーラルの種としては、ミドリイシキクメイシナガレハナサンゴバブルコーラルオオバナサンゴハナガササンゴなどがあげられます。
ソフトコーラルと比べて、より蛍光色が強く綺麗な種類が多いです。

 

その中でも、ミドリイシなどのポリプの小さなものをSPS(スモール・ポリプド・ストーニコーラル)
ナガレハナサンゴのようにポリプが大きいものをLPS(ロング・ポリプド・ストーニコーラル)と呼びます。
種によって差はありますが、SPSのほうがメタルハライドランプやLEDなどの強い光を好みます。
反対に、LPSは蛍光灯などの弱めの光でも比較的飼育しやすいとされています。

 

 

管理方法

換水については、1週間程の間隔で3分の1〜2分の1程度の水量の換水をお勧めします。
ソフトコーラルよりも水質には敏感な種が多いので水槽の状態を常に気にかけておきましょう。
プロテインスキマーやカルシウムリアクターなどの機材を使用することも効果的です。

 

中には毒性が強い種類もあるのでサンゴ同士がぶつからないようレイアウトすることも大切です。
水流に関してはソフトコーラルとほぼ同じで水槽内に複雑な水流が発生するよう、水中ポンプ等を使用することをお勧めします。

 

サンゴとお魚

水槽内に一緒に入れる海水魚の種類にも注意しましょう。
海水魚をの数を多くすればするほど水質の悪化に繋がるほか、チョウチョウオ・ヤッコ・ハコフグ等の種類は
サンゴを食べる種が多く、白点病などの病気にもかかりやすいので特に控えたほうが良い魚種です。
泳ぎが活発でサンゴによく触れる種や、サンゴの上に乗っかるような魚種も控えるべきでしょう。

 

まとめ

ハードコーラルを飼育する際もまず何を飼育したいのかを決めることが大切です。
ソフトコーラル同様、お店でサンゴを購入する際はショップの店員に飼育法を聞いたり、事前に調べておくことが必要です。

 

ソフトコーラルの飼育が上手く出来てきたならば、より美しいハードコーラルの飼育にも挑戦してみましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る